予防歯科で虫歯トラブルゼロを目指す|健康な歯と長く付き合う秘訣

歯が溶け出す病気

歯科

口腔内の病気と聞くと虫歯を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は歯周病も深刻な口腔内の病気です。歯周病とは歯茎や歯槽骨といった、歯を支える周辺組織が炎症によって破壊されていく口腔内の病気になります。実は歯を失う原因として、歯周病は虫歯を差し置いて断トツでトップなのです。歯周病を引き起こしてしまう原因は、食生活や歯磨きなどのケアの方法、生活習慣など様々な要素を考えることができます。そして歯周病の恐ろしいところは自覚症状が無いということです。症状に気づいた時には、すでに重症化していた、なんてことも珍しくありません。歯周病は歯を失うだけでなく、心疾患や呼吸器系の疾患、妊婦さんの場合は出産など、患者さんの命にも関わることから、千葉市の歯科クリニックでは積極的に歯周病の治療を受けることを推奨しています。

歯周病になってしまった場合は、まずは口腔内の環境を整えることが大切です。放置していると症状は悪化していき、最終的には骨を溶かしてしまいます。そうなる前にまずは千葉市の歯科クリニックを受診しましょう。歯茎の炎症程度のレベルの歯周病であれば、まだ改善の余地はあります。しかし症状が進み、骨が溶け始めている場合、骨を元通りに戻すことは不可能です。そのため千葉市の歯科クリニックではいかに歯周病の進行を食い止めるかを重要視しています。千葉市の歯科クリニックで行なう、歯周病の治療としては主にプラークコントロールを行ないます。プラークコントロールとは歯と歯茎の間をしっかりとブラッシングして歯垢を取り除くことをいいます。このプラークコントロールが出来ていなければ、どんなに歯周病の治療を行なっても効果がありません。歯垢が取れるだけでも、歯茎の炎症は落ち着き始めます。しかしこのプラークコントロールは自宅の歯ブラシなどでは取り除くことが難しいため、専門の歯科クリニックでしっかりと取ってもらうことが大切です。